EVOLUランニングクラブ

弘山勉のブログ

股関節の動きと役割、その先にある連動~その2~

投稿日: 2017年 2月 17日 金曜日

前述の①②③の局面を迎えるような動きがとても重要です。

これらの動きを片側で見ると「身体(重心)の乗り込み動作」や「捻転動作」「リード脚の振り出し動作」で補助し増幅させていくことがパフォーマンスアップには求められます。

例えば、考え方の例として、先ほど①のイメージで出したスタートダッシュ「位置について、よーい」のかたちを思い浮かべてください。実際に自分で試していただいたほうが良いですが。「自分がどのようなかたちでスタートダッシュをしようとするのか?」ということを。

膝を伸ばして立つ人、上体が立ったまま重心を下げる人、後ろ脚に加重して立つ人、など様々でしょう。はっきり言ってしまいますが、こういう方々は、スタートダッシュは遅いはずです。

スタートダッシュを速くするには、前の膝を程良く曲げて、上半身を前に傾け、重心をやや前方に持っていき、出した脚側の腕を引いて、上半身を捻転させた状態でスタートの位置につくことです。

つまりは、「膝関節を屈曲し過ぎずに股関節の深い屈曲を作り出せるかどうか」がポイントとなります。ランニングにおいても、これに近い“かたち”で接地できると大きなパワーを出せる準備が整うというわけです。

距離が短くなるほど空中で、この“かたち”になっていくと思います。

要は、こうした一連の同時進行の動作が連動や調和ということです。関節の曲げ伸ばし運動だけで、速く、または、楽に走ろうとしても難しいということを考えていただければと思います。

ただ、このように動きの連動や調和がとれている人は、ほんとうに少ないと感じています。実際、長距離走の場合になると、アスリートでも、なかなか見ないですね。

股関節関連で言うと、骨盤(寛骨)が前傾したままの人、後傾したままの人がいます。まったく動かないわけではなく、前傾⇔立位、立位⇔後傾、という動きの人も、もちろんいます。

骨盤が前傾したままの場合、後傾したままの場合、それぞれに問題が出てきます。骨盤が動かないので大腿骨の動きにかなりの影響を与えます。

正論を先に述べますが、腰に力を入れて腰を反ることで骨盤の前傾を作り出すのはNGです。力を入れるのは、腹斜筋などの前側と横側を縮める筋肉です。

想像してください。直立不動のように上体(胴体)が立っていて、これらの筋肉に力を入れて縮めることができますか?

だから、腕を振り、上体を捻転させることで、脚を上げる側の筋肉が縮み、骨盤の前傾がなされるのだという解釈を私は持っています。

問題ありそうな動きを例としていくつか挙げますが、ランニングフォームは、様々な要素が絡んでいて一概には言えませんので、こんな傾向があるということで次項をお読みください。

その1 | その2 |その3

 

EVOLUメソッドを体験しよう!

  • ランニングイベント
  • EVOLUランニングクラブ