山田里美のブログ

向き合う場所

投稿日: 2017年 5月 13日 土曜日

こんにちは。
今週はGW明けの週でしたが、みなさま、お疲れ様でした 😀
GW中はと言いますと・・・

筑波大学競技会を観に行ってきました。
自宅からこんな近くに陸上競技を観れる場所があるなんて、改めて幸せだな~と感じます。グランドに来るとやっぱり落ち着きますし、好きな場所です。

選手の走りや動きを観ながら、「もっと速く走るためにはどうしたらいいのか」をあれこれ考えたり、落ち着いてゆっくりと陸上競技と向き合う時間は純粋に楽しく、心も満たされるような気持ちになります。

様々な種目の選手のアップを観ていると、動きづくりのヒントがあって、新たなアレンジや発想が浮かんできたりします。洗練された技術とまだまだ荒削りな技術と比較して何が違うのか、違いを生み出す根本的な原因を考えるのも勉強になります。

前回の競技会では中学生や高校生も参加していたのですが、シニアレース⇒ジュニアレースというタイムテーブルだったので、視覚的に違いを比較しやすかったです。例えば800mという種目でも、筋量が少ないジュニア選手とトレーニングを積んでいるシニア選手とではエネルギー代謝系が変わりますし、体つきや走るテンポ、息づかいを観察して、その選手のエネルギー代謝系の変わり目を探り、トレーニング方法を模索するのも大きなヒントになります。

やはりテレビや動画ではなく、実際の動きを観ないと複雑に混在している動きであったり、本質的な原因に気づけませんね。笑
カテゴリーを狭めず、アスリート、ジュニア、キッズ、市民ランナー、男女、可能な限り幅広い層を観ることで、本質的な原因に気づけたり、新たな発想が生み出せる気がしました。

少し前になりますが、国際陸連のレベル1コーチ教育課程を受講させていただく機会がありました。コーチ哲学や運動生理学、発育発達論、バイオメカニクスなどの基本的な知識、陸上競技全種目の理論と実践、指導実践など、コーチングスキルを学ぶことができました。

かなりハードなカリキュラムだったので、身体が悲鳴を上げ(笑)、心身ボロボロでしたが、素晴らしい実績ある先生方と現在は指導にあたっている元トップアスリート達との新しい出会いがあり、新たな角度や視点での刺激が沢山ありました。

このような学ぶ機会をいただいたことに感謝し、目の前の現場で活かしていけるよう、学びと実践を繰り返しながら日々精進していきたいと思います。

来週はセイコーゴールデングランプリ陸上が川崎で開催されます!チケットをいただいたので、職場スタッフと観に行く予定です♪スタッフと一緒にあれこれ陸上競技の話をするのも大好きな時間なので、楽しみながらコーチとしての「観察眼」を深めていけるように勉強してきたいと思います!

アシスタントコーチ
山田里美

プロフィール

  • RxL sports series
  • POCARI SWEAT
  • Show Mart シューマート
  • RxL sports series