近野義人のブログ

動画を利用してフォームを確認

投稿日: 2017年 5月 23日 火曜日

最近、ランニングクラブイベントの練習風景の動画に自分も写っていましたので、久しぶりに自分の走りを見ることができました。


↑画像は動画の一コマを写真ににしてつなぎ合わせたものです。

100mを流して走っていますのであまり速度は出ていません。
リラックスを意識して走ったのですが、肩に力が入っていて少し動きが硬いですね…。その為、腕の振り下ろし動作が甘くなり、身体が浮き、軸脚への乗り込みも軽く、股関節の振り出しも小さいように思えます。次回からは、腕の振り下ろし、遊脚膝の振り出しと軸脚の乗り込みを意識します。

自分の走るフォームを実際に映像で確認すると、自分がイメージしていた動きとの違いを客観的に見るができ、感覚との誤差修正する切っ掛けになります。動きをイメージする、意識をして動かせるようになり無意識でも(自動化)できるようにする、フォームを修正するにはとても大切だと思います。

動きの自動化を図るには、できるだけの時間と反復練習をするなど回数を多く行うことが必要です。また、動き方の練習は、動きが速くなる、移動を伴っていることで難しくなります。 その場→歩き→走りの順で発展させて行うと比較的身に付きやすいです。
私は動作修正練習はウォーミングアップ中に歩く時に行っています。歩きながら動きのポイントを確認し、そこからジョギングを行い、走動作に結びつけています。また、走練習の合間の回復時間に歩きながら行い反復しています。

スマートフォンなどで気軽に動画が撮影できる時代になりましたので、皆様も是非ご自分のフォームを撮影し、客観(映像)から主観(感覚・イメージ)の修正を図り、フォームの修正に結びつけてみてください。

 

動き方のポイントなどはランニングクラブの練習会の中で紹介しておりますので、興味のある方は是非練習会へお越しください。

EVOLUランニングクラブ 『@代々木@つくば

また、『パーソナルレッスン』でもフォーム撮影をしてフォームを映像で見ていただき、修正ポイントを解説してからトレーニングを行っております。トレーニングも受講者様のポイントに合わせ、動きづくり、技術練習、体力トレーニング、ストレッチなどの機能改善などで対応しています。

他にも筋肉の機能回復と関節可動改善を中心に行う『再生道場フィジカルコンディション』なども行っております。ケガをしない身体、関節に負担のかからないフォーム・動き方を身に付けたいなど、色々な方々に対応いたします。

宜しければご受講ください(笑

 

 

コーチ近野義人

プロフィール

  • RxL sports series
  • POCARI SWEAT
  • Show Mart シューマート
  • RxL sports series