NEWS

投稿日: 2017年 11月 30日

『SO Runner’s GYM』 (EVOLU監修 ランニング特化型ジム)

『SO Runner’s GYM』とは?

 

SO Runner’GYM』はスポーツクラブを展開するSDフィットネスがEVOLUの指導方法をメソッドとして取り入れた『ランニング特化型のスポーツジム』です。
ランニングクラブは屋外での実施がメインですが、室内でも同等のトレーニングができるように施設を設計。トレッドミルや自走式マシン『スキルミル』、ランニングドリルの行える『フリースペース』、『ウエイトトレーニング用タワーラック』など、ランニングフォーム改善に必要な環境を整えております。

 

【理論に正しいトレーニング】
EVOLUランニングの基本でもあります『効率の良い走り』『スピード・高強度トレーニング』を追求!屋外でのトレーニングでは中々できないウエイトやバランスボールなど道具を使用したトレーニングを行うことで『基礎体力の向上』、
ランニングに必要な肩回りの機能的な柔軟性向上させることで『腕振り・姿勢改善』を図ります。

【関節の機能改善】
肩甲骨周辺)
腕と脚の連動性を高めることができ、腕の動きと骨盤の動きが伴うようになり、『体幹に力の入るランニングフォーム』にも結びつきます。
股関節)
正しく動かせるようになることで、足首を過度に使わなくなりますので、足の攣りが軽減し、『シンスプリント』にもなりにくくなり、大腿前部・膝への負担を減らすことにもつながります。

【フォーム改善】
効率の良い走りは記録などの『パフォーマンス向上』につながり、 動きが改善された状態でトレーニングをつづけることで、『正しく動ける筋肉』がつきやすくなります。

【姿勢改善】
効率の良いランニングフォームは『美しいランニングフォーム』とも言え、また、姿勢改善が図られることで普段の生活での疲れも軽減され、ランニング動作に必要な筋肉がつくことで『スタイルアップ』にもつながります。

 

【SOワークアウト】
SOワークアウトは、ランニングに必要な要素を改善・向上・養成・覚醒させるために考えられたメソッドで『動作改善』『技術向上』『体力養成』『機能覚醒』の4つのワークアウトプログラムで構成されています。

☆SOコーディネーション☆
体操で動的な柔軟性を向上、動きづくりで四肢(肩・股関節)の機能性を高め、ランニングに必要な動きの準備を行います。

☆SOスキル☆
ラダーやミニハードルなどの道具を使用、リズム・タイミングなどの変化を加えたドリルを行い、走りのテクニックを向上させ、フォーム改善に結びつけます。

☆SOフィジカル☆
体感の安定性を高めるコアトレーニング、全身を使う動きを繰り返し行うサーキットトレーニングで筋力・心肺機能・敏捷性など体力全般を養えます。

☆SOコンディショニング☆
可動域を広げ・機能性を高めるセルフストレッチ、道具を使用し筋肉の機能を回復させるケアを行うことで、疲れた体をリフレッシュさせます。

会員種別もニーズに合わせて充実!
ご利用の都合に合わせて選べる会員種別をご用意してあります。
↓詳細はホームページよりご確認ください。
SO Runner’s GYM

動画モデル

谷本トレーナー
SO Runner’s GYM コーチ
2014年日本選手権 800m 3位

 

本気でランニングを速く走りたい人に、本物のアスリートが様々な角度から情報を発信するアスリートLab produce by EVOLU(エボーリュ)

  • RxL sports series
  • POCARI SWEAT
  • Show Mart シューマート
  • RxL sports series