弘山晴美のブログ

春ラン!スピードRUN!~軽装のすすめ~

投稿日:2015年 4月 24日 金曜日

すっかり春です!と言っても、今月はけっこう雨が多かったですね。
寒暖の差が激しく「衣替え」というには微妙な気候です。でも気温は高くなってきていますから、衣替えをしている人はきっと多いことでしょう。

スポーツシーンでも同じことが言えます。動きづらい厚手のウェアや長袖シャツ、長ズボンから解放されて走る春の気分の良さは、なんとも言えない開放感があるものです。

私は、大会や合宿で海外へ行くことが多かったのですが、日本と海外ではウェアに対する感覚が違うと考えていました。

海外のランナーの方は、ウインドブレーカー(俗に言う“ヤッケ”)をあまり着ません。雨や雪のシーンぐらいです。冬でもウインドブレーカを着用せず、厚手の長袖シャツやタイツで走る姿を多く見てきました。海外の方は、結構薄着ですよね。寒い中、半袖だったりします。

寒さに対する感覚がそもそも違うのかもしれませんが、文化の違いなのかなと思ったりもします。少しの雨では、傘も差さないですし・・・・

ランニングの場合、長袖や長ズボン類のウェアは、正しい動きをする上で少々邪魔な存在となります。フォームに影響するのは間違ないことです。今は機能性に富んだ長袖、長タイツやコンプレッションウェアなどの多くの商品が販売されています。

ランニングする際、ウェアを含めたアイテムには「動きやすさ」という点で、気を配ってほしいなと感じています。本当に動きに影響しますからね。

肌寒い日は、半袖にベストそしてアームウォーマーと、いくらでも楽しく工夫することができます。そういう点では、私は常に追求していました・・・。実は、アームウォーマーを開発(発案)したのは私なんですよ!

ハイソックスの足先部分を切り取って、自作したものを練習で使っていました。

アームウォーマー
(写真は、自作のアームウォーマーとアシックス社の試作品)

当時、寒い日のレースはランシャツの下に半袖か長袖Tシャツを着るのが一般的なスタイルでした。これでは途中で気温が上がった時に、Tシャツを脱ぐことができないので、何かいい方法はないか考えていたときに思いついたのです。

腕にピッタリフィットしているので、脇の部分もスッキリ腕ふりもスムーズです。ちなみに極冷えの時は、Tシャツを重ねない分お腹まわりは薄手の腹巻をしていました。

マラソンでオリンピック代表を狙っていたので、寒い天候に備えて自作のアームウォーマーをスポーツメーカーさん(アシックス)に渡して制作を依頼しました。

作っていただいたアームウォーマーを着用して、2000年大阪国際女子マラソンに臨みましたが、冷たい雨が降る気温が低いレースとなったので、とても重宝したことを思いだします。当時オリンピックの女子マラソン選考が社会現象にも発展したため、テレビや新聞でも何度も取り上げられ自然と多くの人の目にふれることになりました。

2000_osaka

そして注目アイテムとなり市販されるようになったわけです。

動きの邪魔になるものは着用しないようにする」ことが大切です。繰り返し動作を続けるランニングへの影響は意外に大きいのです。

このことを頭に入れてトレーニングすると、良いランニングフォームが悪くならないはずです。こういう「小さな注意をする、しない」ということでランニングフォームは良くも悪くも変わることを認識してほしいと思います。

スピード走能力を高めたい時期、とくに気を配りたいところです。
みなさん、暖かくなった今、軽装で爽快なランニングをお楽しみくださいね。

弘山 晴美

アドバイザー弘山晴美

プロフィール

  • RxL sports series
  • POCARI SWEAT
  • Show Mart シューマート
  • RxL sports series