アスリートLab 活動報告

ジュニアアスリートクラブでは中長距離ランナーを目指す中高生を対象に、長期的な目線で世代に合わせたトレーニングを大学・実業団で指導経験のあるコーチングスタッフが指導いたします。
ジュニアACについて

スプリントトレーニングで基盤をつくる@ジュニアAC

投稿日: 2015年 10月 9日 金曜日

9月の目標は東京都新人大会に出場することでした。
しかし、その時の800mのタイムでは支部予選を通過することは難しく、最低でも自己記録より4秒程速く走る必要がありました。
そこで、7月から8月にかけては比較的距離の短い強度の高い練習を、週に1~2回は入れるようにしました。
練習は100mの加速走をアップシューズで5本程度、スパイクで10本程度走る内容で、練習の強度はアップシューズで80%程度、スパイクで90%程度の強度を目安。
強度の高い練習を繰り返し行うことで乳酸を出せるようになり、また、繰り返し動き続けることで乳酸を再利用する能力も高まり、後半の苦しいところで身体が動くようにもなります。
そしてスピードを出す動きがダイナミックな走り腕と脚の連動性を高めることにつながります。
そして別の日に力加減を考えて少し長めの距離を走り、中距離に対応する機能的な走りにつなげていきました。

IMG_3647

IMG_3645

ただ力任せに走るのではなく、加速に乗せる・加速後のフォームを考えて行うことが重要です。

結果としては目標としていた記録を出すことは出来ましたが順位で届かず、都大会へは進めませんでしたが、10月に一度800mで記録を狙えるチャンスがあるので、これまでの取り組みをもう一度出せるようにチャレンジしたいと思います。

 

 

本気でランニングを速く走りたい人に、本物のアスリートが様々な角度から情報を発信するアスリートLab produce by EVOLU(エボーリュ)

  • RxL sports series
  • POCARI SWEAT
  • Show Mart シューマート
  • RxL sports series