アスリートLab 活動報告

ジュニアアスリートクラブでは中長距離ランナーを目指す中高生を対象に、長期的な目線で世代に合わせたトレーニングを大学・実業団で指導経験のあるコーチングスタッフが指導いたします。
ジュニアACについて

総合的な体力向上を目的とした練習(ジュニアAC)

投稿日: 2015年 10月 24日 土曜日

10月の初めの記録会に当クラブに所属する籔中悠太君が800m走に出場しましたが、レース2週間前に一度体調を崩し立て直す努力をましたが調子を戻すまでには至らず、ベストの記録を出す事は出来ませんでした。

11月の駅伝都大会予選がありますので気持ちを切り替えて、駅伝に向けて心肺機能・全身持久力を高めることを目的とした、1500m・3000mを走れる練習を行い、駅伝予選終了後に1500mに挑戦することにしました。

夏からの取り組みでスピードのベースは上がりましたが、それ以外の体力要素の向上ができなければ、3000mといえどもまともに走ることはできません。その為、ウォーミングアップの一環でサーキットトレーニングを取り入れ、走る練習は、中距離のスピードを活かせるように短い距離を本数行うショートインターバルや、距離を走る為のリズムをつくる目的も兼ねた3000m~4000m程度のペース走などを行います。

IMG_3733

サーキットトレーニングは、筋と神経の協調性を高め、全身の筋バランスを整え、筋持久・全身持久力など総合的な体力要素を高めることができ、苦しくなったところで踏ん張る強さを身に着けるには最適です。
走練習は800mのスピード練習の延長で走る距離や本数を少し増やした1500mを走れる練習を行います。そうすることで、フォームが極端に変わる事も防げ、今まで行ってきたスピードを活かすことができ、3000m程度なら走るペース配分わかるようになります。

IMG_3740

駅伝予選までは今あるモノを活かしつつ、総合的な能力を高める方法で、走力アップを図っていきたいと思います。

↓ジュニア向け陸上教室行います!↓
EVOLU式ジュニアランニング教室

 

本気でランニングを速く走りたい人に、本物のアスリートが様々な角度から情報を発信するアスリートLab produce by EVOLU(エボーリュ)

  • RxL sports series
  • POCARI SWEAT
  • Show Mart シューマート
  • RxL sports series