EVOLUランニングクラブ

弘山勉のブログ

2017年01月31日

動きの連動と調和「腰の動き」~骨盤(腰仙関節と寛骨)~その2

では、何がポイントになるのか。 まずは、腰仙関節が動くようにしましょう。第一に、この関節が動かないと骨盤は動きにくいです。腰仙関節が動いて仙腸関節も正常に動きますが、仙腸関節は、あまり動かないと言われ

2017年01月31日

動きの連動と調和「腰の動き」~骨盤(腰仙関節と寛骨)~その1

人は、誰でも「歩く」「走る」「跳ぶ」「投げる」ことができます。見よう見真似で、その動作の技術を高めることもできるはずです。ミラーニューロンという言葉もありますからね。しかし、自己流で「速く走る」「高く

2017年01月04日

ランニング動作において“連動”や“協調”は最も大切である でも、それってどういうこと?

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 新年の始まり、毎年恒例の駅伝三昧の3日間。ニューイヤー駅伝と箱根駅伝が終わりました。とくに、箱根駅伝は、早くあの舞台に立ちたい

2016年10月28日

計算式を使ったトレーニング処方の考え方(乳酸に着目して)

ブログ更新が久しぶりとなってしまいました。前回、『3.333分の1の法則』ということで書かせていただきましたが、今回は、その活用含めて、少し中身を書いてみたいと思います。 おさらいしますが、前のブログ

2016年06月24日

根幹距離を強化するという考え 『3.333分の一』の法則

春のトラックシーズンもいよいよ大詰めを迎えます。リオ五輪の最終選考会を兼ねた日本陸上競技選手権大会が、いよいよ開催されますが、トップアスリートがどんなパフォーマンスを見せてくれるか、楽しみでなりません

2016年03月08日

ランニングエコノミーのまとめ ~ピッチとストライド~

ランニングエコノミーに関わる3つの要素について、個々に説明してきましたが、最後に、相互に影響・作用することについて書いてみたいと思います。 代表的な事象を挙げながら、説明していきます。 「ピッチとスト

2016年02月27日

マラソンとランニングエコノミー ~フォーム編~

ランニングのパフォーマンスに、フォーム(動き)が大切であることは、誰でも知っています。ランニングエコノミーとは、経済性に優れているということなので、ランニングフォームが大いに関係することも理解していた

2016年02月16日

マラソンとランニングエコノミー ~筋肉編~

前回、ベースとなるスピード走能力を高めることが、結局はランニングエコノミー度を向上させることになると書きました。では、スピードの源は何でしょう。それは筋肉に他なりません。 スピードや効率は、筋肉をどう

2016年02月09日

マラソンとランニングエコノミー ~エネルギー編~

マラソンシーズンも折り返し点を迎え、後半戦に突入ですね。いよいよ狙ったレースが迫ってきているというところでしょうか。今回は、マラソンに関係する話しをしたいと思います。 ランニングエコノミーという言葉が

2015年12月31日

ロードに強い走り~下り坂の走り方<後編>~

ロードに強い走り 「下り坂の走り方」の続編では、実際のランニングフォームに落とし込んでみたいと思います。 下りを走る際の意識として、大きく分けて、以下の4つのポイントを挙げておきます。 ①股関節(大転