EVOLUランニングクラブ

Lab推奨理論

ランニングフォーム

ランニングに必要な肩関節の機能

投稿日:2014年12月04日

リラックスして走る為に必要な事って何でしょうか? 私は各関節が機能して動いていることが一つの条件と考えます。 ではそういった動きにするためには何をどうするべきか? 今回は肩関節に焦点を置いて考えてみま  >続きを読む

トレーニングの原理<理論編>

投稿日:2014年12月02日

セオリーに基づいてトレーニングを行えば、人間は必ず強くなります!    >続きを読む

生理学<理論編> ~クレアチンリン酸の役割~

投稿日:2014年11月25日

ミトコンドリアで作られたATP(アデノシン三リン酸)は 不安定であまり体の中に貯めこむことができません。 よって、一時的にエネルギーをクレアチンリン酸に変化させて 体内に貯蔵し、必要な時に再びATPに  >続きを読む

トレーニングの周期化<理論編>

投稿日:2014年10月14日

トレーニングは準備期、主要期、過渡期の3つの期分けをし、 周期的な変化をつけることで効果が上がります。 年間の中で一般トレーニングで体力をつける時期を4~6か月、 専門トレーニングで試合に参加できる段  >続きを読む

生理学<理論編> ~ATPの使われ方~

投稿日:2014年10月07日

ミトコンドリアで作られたATP(アデノシン三リン酸)   はADPとリン酸に分解され、そこで放出されたエネルギーが   初めて運動のエネルギーとして使うことができ、筋収縮を &nb  >続きを読む

エネルギー供給編~ <理論編>

投稿日:2014年09月29日

1. トレーニングの主な目的は、身体の生理的機能を高めることにある。 エネルギー代謝効率を高め、更にそれを維持すること(運動の持続性)を高めることが パフォーマンスの向上に繋がる。   2.  >続きを読む

一般的トレーニングと専門的トレーニング<理論編>

投稿日:2014年09月29日

トレーニングは一般的トレーニングで体力を向上させ、 専門化するのに必要な前提条件を創り出し、 競技に必要な能力を発達させる特効薬の専門的トレーニングで パフォーマンスを向上させていきます。    >続きを読む

トレーニングとは

投稿日:2014年09月29日

トレーニングは4つの面から鍛えていくことが大切です。 将来的に長きに渡って競技を継続するためには、肉体的訓練 (フィジカル)だけでなく、段階的発達に応じて心技体を 鍛えていきましょう。   トレーニン  >続きを読む

生理学<理論編>~ATPの作られ方~

投稿日:2014年09月29日

人間の体の中で糖や脂肪が分解され、 ATP(アデノシン三リン酸)という エネルギーが溜まった化学物質に 変化します。ATPの作られる場所は 主に細胞の中にあるミトコンドリア という器官です。  >続きを読む

はじめに・・・

投稿日:2014年09月29日

トレーニングをより合理的かつ効果的に行うためには、 スポーツ科学を取り入れながらセオリーに基づいて 進めていくことが大切です。   そのためには基本的な人間の体のしくみやメカニズムを 理解し、トレーニ  >続きを読む