Lab推奨理論

基礎知識

股関節の動きと役割、その先にある連動~その3~

投稿日:2017年02月17日

今回は、骨盤が前傾したままの場合を例にして 地面を押しながら大腿骨も角度を変えて後ろに押し込まれ(運ばれ)ます。普通に考えれば、股関節を伸展させたいので、後ろのほうまで持っていかないと伸展されないこと  >続きを読む

股関節の動きと役割、その先にある連動~その2~

投稿日:2017年02月17日

前述の①②③の局面を迎えるような動きがとても重要です。 これらの動きを片側で見ると「身体(重心)の乗り込み動作」や「捻転動作」「リード脚の振り出し動作」で補助し増幅させていくことがパフォーマンスアップ  >続きを読む

股関節の動きと役割、その先にある連動~その1~

投稿日:2017年02月17日

前回は、仙骨を起点として骨盤の動きについて、書いてみました。今回は、次の連動となる大腿骨との関係について取り上げていきます。 骨盤の最大の役目は、大腿骨を押し込むことであり、同時に反対側の大腿骨を前に  >続きを読む

動きの連動と調和「腰の動き」~骨盤(腰仙関節と寛骨)~その3

投稿日:2017年01月31日

ここからは、具体的に説明していきます。 寛骨の動きは、前傾⇒立位⇒後傾と角度を変えて動くことで、力を貯めて大きなパワーを大腿骨や上半身に伝えることを可能にしています。走動作の局面で区切ると ① 前足が  >続きを読む

動きの連動と調和「腰の動き」~骨盤(腰仙関節と寛骨)~その2

投稿日:2017年01月31日

では、何がポイントになるのか。 まずは、腰仙関節が動くようにしましょう。第一に、この関節が動かないと骨盤は動きにくいです。腰仙関節が動いて仙腸関節も正常に動きますが、仙腸関節は、あまり動かないと言われ  >続きを読む

動きの連動と調和「腰の動き」~骨盤(腰仙関節と寛骨)~その1

投稿日:2017年01月31日

人は、誰でも「歩く」「走る」「跳ぶ」「投げる」ことができます。見よう見真似で、その動作の技術を高めることもできるはずです。ミラーニューロンという言葉もありますからね。しかし、自己流で「速く走る」「高く  >続きを読む

ランニング動作において“連動”や“協調”は最も大切である でも、それってどういうこと?

投稿日:2017年01月04日

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 新年の始まり、毎年恒例の駅伝三昧の3日間。ニューイヤー駅伝と箱根駅伝が終わりました。とくに、箱根駅伝は、早くあの舞台に立ちたい  >続きを読む

ロードに強い走り~下り坂の走り方<後編>~

投稿日:2015年12月31日

ロードに強い走り 「下り坂の走り方」の続編では、実際のランニングフォームに落とし込んでみたいと思います。 下りを走る際の意識として、大きく分けて、以下の4つのポイントを挙げておきます。 ①股関節(大転  >続きを読む

ロードに強い走り~下り坂の走り方<前編>~

投稿日:2015年12月29日

ロードの走り方の続編、今回は、「下り坂の走り方」についてです。 上り坂は、重力に逆らって走るのに対して、下り坂は、重力を利用して走ることになります。 下り坂が難しいのは、重力を利用すればするほど速くな  >続きを読む

運動生理学 ~LTとは?~

投稿日:2015年10月01日

グリコーゲンやグルコースが分解されると乳酸ができます。 しかし、ミトコンドリアで処理できる乳酸の量はコントロールされていて制限があるので、 ミトコンドリアに入りきれない乳酸は血中にたまります。 安静時  >続きを読む

  • RxL sports series
  • POCARI SWEAT
  • Show Mart シューマート
  • RxL sports series